【グアム観光】ビッグラッテストーンから見る海の景色が最高!




グアム旅行の際に観光に行きたい。
でも、どこに行こうかな?と迷われる方もいらっしゃいますよね。

車があればわりとどこでも行けるグアムですが、近場で素敵な所を見たいと思われる方には「ビッグラッテストーン」をおすすめします。

ラッテオブフリーダム

この記事はこんな方の参考になります。

旅行会社で働いていました。
今は大好きなグアムをブログやYouTubeで皆さんとシェアしています。
グアムに行く前に読むと旅が楽しくなるブログを目指しています。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ラッテストーンとは(意味と謎)

ラッテオブフリーダム

そもそもラッテストーンって何?
これは諸説あるようですが、その昔チャモロ文化が栄える時代に高床式住居の土台として使われていたと言うのが有力です。

また説得力もある気がします。
チェスのコマみたいでとっても可愛い形をしているので、観光客向けのお土産なんかもあります。

 

スポンサーリンク

ビッグラッテストーン(ラッテオブフリーダム)からの景色

ラッテオブフリーダム

正式名称はラッテオブフリーダム(Latte of freedom)。
ラッテオブフリーダムからの眺めは最高です。

高いところから海が一望できるので爽快な気分です。
右手にはタムニング・タモンが見えます。

ホイップ

この景色を見て、こんなことを感じたよ

  • どこまでも続く地平線
  • 地球って丸いんだな
  • タモンを遠くから眺める贅沢
  • とにかく青い海!
  • ただただ「ぼーっ」といつまでも眺めていたい

 

ビッグラッテストーンへの行き方・地図

地図が表示されない方はこちらのリンクをお使いください。

googlemapでラッテオブフリーダムの地図を見る

 

タモンからマリンドライブ(1号線)に乗りハガニア方面へ向かいます。
タムニングを通り越しハガニアに入ったら右側に注目していてください。

グアム政府

ラッテオブフリーダムはアデラップ岬の政府の建物「ガバナーズオフィス」の中にあります。
ガバナーズコンプレックスはオレンジの屋根が沢山集まった大きな敷地ですので見逃すことはないと思います。

 

※タモンから約20分ほどで到着します。

 

インスタ映えスポット

まず駐車場に登る坂の手前に素敵なフォトスポットがあります。

グアム政府

カラフルなグアムの国旗のエンブレムと、海を眺める男。
Lone sailorと呼ばれる水兵さん銅像です。

オリジナルの銅像はアメリカのワシントンにある海軍記念施設にあるのだそうです。

 

ビッグラッテストーン

フォトスポットは全部で4箇所

  1. ゲート横のモニュメント
  2. 大砲のレプリカ
  3. 小さなラッテストーン
  4. ビッグラッテストーン

ラッテオブフリーダムの駐車場の場所

駐車場へ向かうには建物のタモン側にあるゲートを潜ります。
結構きつい坂ですが登っていくと大砲のレプリカがあります。

ここにも駐車場がありますが、一旦通り越して坂の上まで進みましょう。

 

ビッグラッテストーン営業時間・入場料

ビッグラッテストーンの入場料は1人3ドルです。
え?有料なの?と思われるかもしれませんが、この3ドルには私は価値があると感じています。

(素敵な場所を解放してくれてありがとうと寄付する気持ちで支払います)

 

グアムの壮大な景色が見られる展望台ですので、まだ一度も行ったことがないという方はぜひ展望台へ行ってみてください。

名称ラッテオブフリーダム
入場料$3
営業時間

月-金 9:00-15:00
土-日9:00-12:00

ちなみにビッグラッテストーンの展望台へ行くには、エレベーターに乗ります。
2階に到着すると入場券を販売しているところがあるので支払いをしてラッテストーンの中へ入ります。

ラッテオブフリーダム

ラッテストーンへの行き方と、景色を撮影した動画をYouTubeでご紹介しています。
宜しければ参考にご覧いただけると嬉しいです。

 

ビッグラッテストーン観光の所要時間

ラッテオブフリーダム

ラッテオブフリーダムでする事

  • 小さなラッテストーンの前で写真を撮る
  • ビッグラッテストーンから海を眺める
  • 大砲のレプリカのあたりから海を眺める

20分ほどあれば良さそうです。
恋人岬のようにお土産ショップなどあれば良いのですが、政府の建物なので観光のみです。

 

ラッテストーンで遊ぶ大人

ラッテオブフリーダム

閑散期だったので、私たちが観光した時は他に1組しかお客さんがいませんでした。
というわけで、こんなことをして遊んでみました。

ビッグラッテストーンから見下ろした先には小さなラッテストーンがあります。
ポチッと押してみたり、

つまんでみたり。

 

すみません、馬鹿なことをしていますがそれほど楽しかったということが伝われば幸いです(笑)

 

ラッテストーンのお土産はクッキーが人気

写真紛失中でお見せできないのが残念ですが、
ラッテストーンの形をしたボックスに入ったクッキーはTギャラリア免税店で販売されています。

グアムのお土産には持ってこいのお菓子土産ですのでぜひ注目してみてください。

 

一緒に回りたい観光地

ラッテオブフリーダム

※私は近くのスリングストーンというドライブスルーカフェへ行きました。

 

ハガニアエリアですので観光スポットは周辺に色々あります。

  • 聖母マリア大聖堂
  • GUAMのモニュメント
  • スペイン橋

この辺を周り、周辺のカフェで一休みというものおすすめのプランです。

 

ハガニアの観光・グルメはこちらからどうぞ
グアムのハガニア完全ガイド(インスタ映えカフェ・グルメ・観光)

 

また、マリンドライブを進むという意味では南部ドライブの一部に組み込んでも良いと思います。

umatac

南部ドライブ関連の記事はこちらからご覧ください。

 

レンタカーをしない方向けの南部ツアー

レンタカーがないからタモン周辺でしか遊べない。
そんなふうにあきらめてはいませんか?
グアムで観光しないのはちょっともったいないです。

 

料金
大人1人$30〜

所要時間
約3時間半のライトなプラン

こういった手軽でリーズナブルなプランもあるので、ぜひチェックしてみてください。

  ↓ ↓

レッツゴーサウス 南部早回り 短時間で巡る観光ツアー

 

いかがでしたでしょうか。
今日はグアムの観光地、ラッテオブフリーダムにあるビッグラッテストーンをご紹介しました。
数ある観光地の中でもとても景色が綺麗な場所です。

お天気の良い日にぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

☆ guamistのおすすめ ☆

グアムの安くて安心のレンタカー
グアムで安いオプショナルツアーならここ



◎ いまだけお得!! ◎
こちらからの申し込みでWifiがお得な割引中!
期間は2019/8~(通信料が4000円以上で1000円割引!)
受託手数料・宅配受取手数料500円→無料!
  ↓    ↓
海外インターネット
グローバルWiFi
About guamist 544 Articles
大好きなグアムをブログで綴ります。旅行会社勤務でしたので、旅について少しマニアックかもしれませんが海外旅行に役立つ知識やトレンドのお土産情報、観光やショッピング、グルメにホテルなどグアムにまつわる事を発信します。
error: Content is protected !!