グアム土産にチョコクッキーやチョコレートを買う時の注意点

グアム土産にチョコレートやチョコクッキーを買う方も多いと思います。
実際私も毎回購入しますし、こちらでもよくご紹介をしています。

グアムは南国ですので買う際には注意が必要です。

 

スポンサーリンク




注意点

もちろんチョコレートを使った商品を作っている会社は常温で溶けないように気を配っているし、ゴディバのチョコレートは溶けにくい気がします。

ですが、グアムの気温は高く日本でも夏は高温になりますよね。
せっかく買ったお土産ですので少し気を配りたいところです。

グアムの室内は日本と比べて冷房が効いているので「常温で大丈夫そう」な気がしてしまうんですよね。
今までにめちゃ溶けた!という経験はしたことがありませんが、ちょい溶けは何度か経験しています。
ですのでできるだけ溶かさずに持って帰るよう気を付けています。

 

夕方以降に買う

レンタカーであちこち回る方が買ったチョコレートを車内に残して・・・。
もうこれは完全に溶けます。
車内はとっても暑いですので液体になりそうな勢いですw

レンタカー利用の方でチョコレートを買う予定があるなら日が沈んでからがベスト。
私は2度手間になってしまいましたが、ゴディバのチョコを買うためにマイクロネシアモールに2度行きました。

昼行って夜行きました。

それを考えるとマイクロネシアモールは夕方からというスケジュールにすればよかったかもしれません。
どうもマイクロネシアモールが好きすぎて待てずいつもお昼に飛んで行ってしまう私です。

 

旅の後半に買う

そして出来ることなら旅の最後の方に買うのが良いと思います。
旅の途中でうっかり溶けてしまっては残念ですので、私はなるだけ後半に。

例えば出かけている間クーラーの切れた室内保存ではとても不安。
頼まれ物ならなおさら最終日を選んで購入しています。

 

空港で買おう

そんな面倒なこと・・・。と思われるなら帰りの空港で買うもアリです。
少し割高にはなりますが、免税店で買えば管理する時間がぐっと減りますよね。
フライトまでに余裕があって、お土産の予算にも余裕があるなら賢い選択となりそうです。

 

 

スポンサーリンク

すぐに渡す

気を付けるのはグアムでだけではありません。
日本に帰って来ても夏は暑いですし、冬は暖房が効いた室内で過ごすわけですよね。
お土産を渡した時に包装された袋にペタっとチョコがついているとガッカリした気持ちになりそうです。

そんなことにならないよう、早めに渡してしまいましょう。
逆に言えば帰国後すぐに会えそうにない方へのお土産はチョコレートコーティングのない物を選ぶとよいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

About guamist 342 Articles

大好きなグアムをブログで綴ります。
旅行会社勤務でしたので、旅について少し
マニアックかもしれませんが海外旅行に役立つ知識や
トレンドのお土産情報、観光やショッピング、グルメにホテルなど
グアムにまつわる事を発信します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA